ひとり娘の成長記録

発達障害児の子育ていろいろ

5歳(ピアノの発表会)

先日、娘のピアノの発表会がありました。

ドレスを着ていたので、会場までは車で行きました。あまり早く行くと娘が待つことに疲れてしまうだろうと思い、受付開始時間のギリギリに入りました。
会場へ着くとすでにロビーにはたくさんの人が。

娘の服装は悩んだ末ドレスにしましたが、やはり女の子はだいたいドレスでした。
小・中学生の少し大きい子は綺麗めのワンピースやフォーマルな格好の子もいました。
男の子もほとんどフォーマルな格好で、私服(Tシャツにハーフパンツ)の子が2人くらい。
家族の人達も、スーツやそれなりに綺麗めの格好の人が一番多く、Tシャツにデニムみたいなラフな格好の方もいました。
(我が家は私が綺麗めな格好、夫はスーツで行きました。)

親は客席から見るだけなのでよほど奇抜な格好でなければそこまでかしこまってなくても良いのかなと思いました。
私はデニムで行く気はしませんが、みんな基本自分の子どもしか目に入ってない感じなので笑、親御さんの服装はそこまで気にしなくても大丈夫そうです。

私も昔ピアノを習っていましたが、当時ピアノの発表会は、ドレスを着てる子はほとんどいなくて、小学校の入学式で着るようなブラウスにスカート、のような格好が多かったですが、
今は小さい子が増えたせいか、子ども用のドレスが多く売られるようになったせいか、ドレス率がかなり高いな、と思いました。

それから昔はピアノの発表会というともっときちんとしなくちゃいけない場、みたいな感じがありましたが、今はわりとラフな格好の方が増えたな、という印象でした。


で、肝心の娘ですが、緊張感ゼロ。
むしろ、前の部の様子をチラッと覗いて、楽しみー!と笑顔。

時間になり会場に入り、娘は出番が早いのですぐ舞台袖へ。
舞台袖でも問題なし、
舞台に出てからはお辞儀も完璧だしピアノも完璧でした。ノーミスでした。

正直びっくりでした。
すごい!すごい。すごすぎる。
ピアノの上手い下手ではなく(親目線ではめちゃくちゃ上手でしたが)、ノーミスだからすごいのではなく、
初めての場所で、初めての舞台で、やることをやって、練習の成果を出しきり、パニックにならずにきちんとこなせた事が、すごいと思いました。

緊張で泣くかな、、直前になって嫌になるかも、とある程度覚悟はしていましたが、、
本人は『楽しかったー!!』と大満足。

自分の演奏が終わって客席に戻り他の人達の演奏を聴いている間も、途中トイレで抜けましたがあとはなんとか静かに観ていました。身体はかなりモゾモゾ動いていましたが、娘なりに静かにしなくちゃ、と頑張っていました。

最後に記念撮影をして解散。

なんだか、娘の成長をものすごく感じました。

最初は、発表会は娘にはプレッシャーになるだろうし、色々な特性のある娘には重荷だろう、もしかしたら発表会のない、もしくはあっても小さい規模でやるような個人のピアノ教室にした方が良かったんじゃないか(大手の音楽教室に通っているので)、、
ピアノ始めてまだ4ヶ月くらいなのに、いきなり大舞台って娘には負担なんじゃないかな、、と考えたこともありました。

でも本当にやってよかった。娘にとっても、自信に繋がるような良い経験になったと思います。
娘には無理をさせたくないという思いから、娘が苦手そうなことは無意識に避けていたかもしれない、、けど初めから「娘には無理だろう」なんて決めつけちゃいけないな、と反省しました。

とにかく無事に終わりホッとしました。

娘の好きなものは娘にしかわからない

発達障害関係ない話です。

私はわりと過干渉気味な親の元育ってきました。

私が特に嫌だったのは、
「あんたこれ好きでしょ?」とか
「◯◯(私)が好きな食べ物はこれだよね」とか
「この色好きだもんね〜」とか
私のことを全てわかったように話されること。

他の人に「◯◯ちゃんは将来何になりたいの?」と私が聞かれた時も
「この子はねぇ〜、」と私の答えを遮るように母親が勝手に答えていました。

いつのまにか、私は自分の『好き』を言えなくなっていました。
本当は若者向けの流行りの音楽が好きなのに、親がテレビでその歌を聴いて「なにこの歌、わけわかんない」と言えば
そこで『この歌手の曲は親の前で聞くのやめよう』となり、部屋でも親受けの良い無難な曲ばかり聴いていました。(音が漏れるので)
「時代が違うからね」と普通に笑って流せれば良い話なのですが、そう思えませんでしたし、言えませんでした。
だから、親が私の『好き』を代弁することにかなり嫌悪感を抱いていました。
本当は違うのに、という思いがあり、
私の『好きなもの』は私にしかわからないでしょ、という気持ちでした。

、、という過去の経験に基づき、私は娘の『好き』を代弁しないようにしようと決めました。
他の人が娘に「何が好き?」と聞いた時、勝手に「うちの子はこれが好きなんです〜」って答えない。必ず娘に答えさせます。
娘の『好き』は、週単位で変わることもあるのです。
一週間前まで大好きだったものに全く興味を示さなくなったり、興味のあるものがコロコロ変わります。
小さい子ならみんなそんな感じだと思います。
好きな色も、ちょっと前まではピンクだったのに今は水色、今日は紫。けどランドセルはピンクがいい。とか。聞けば聞くほど、面白いです。

それから他人とのコミュニケーションの場を奪わないためにも、他人が娘にした質問は、なるべく娘に答えさせようと決めています。
私も娘が考えて出した答えを聞いて初めて、「そんなこと考えてたんだ」とか「家ではあんなこと言ってたけど外ではこういう風に言うんだ」とか、 「ちょっと盛ってるな。笑」とかいろんな発見があります。
そろそろ家でやってることを他の人に暴露されるのは恥ずかしい、みたいな感情もあるようなので、娘の前で娘のことを勝手にベラベラ話しちゃいけないな、と。

まだ幼いのでこれから人間関係複雑になっていき良い事悪い事いろんなことを経験して、変化していくと思いますが、
とにかく自分の「好きなこと」が見つかったら、自分はこれが好きだ!と誰にも遠慮せず思える子になってくれたら良いなと思います。
私は無趣味な人間なので、夢中になれる趣味がある人が羨ましいです。
インドアでも、アウトドアでも、、たとえ自分が理解できない趣味でも、『好きなことがある』というのは、それだけで素晴らしいことだと思います。

2歳(幼稚園探し)

娘がクリニックで発達障害の診断を受けてすぐくらいから、幼稚園探しが始まりました。

診断が付くよりも前に療育センターへ一度相談に行ったとき、
「今すぐ発達障害だと決めつけてしまうのは乱暴すぎるような気もする」というような話をされました。
つまり「診断を付けるということにそこまで焦ったりこだわらなくても良い」という感じでした。
確かにそれは今となってはそう思います。
診断名でひとくくりにしたところで、結局本人の問題行動や困り感はその時その時で変わって行くこともあるし人それぞれであり、成長とともに落ち着くこともある。
診断名を2歳の時点でつけてもつけなくても、療育センターの対応、これからやるべきことは変わらない、ということです。

それでも私が早くはっきりさせたかったのは、私自身、娘へどう対応したら良いか、わからなくなっていたのです。
躾の問題なら、これから成長とともに落ち着くだろう。
もし発達障害だったら、医師がそう認めたら、発達障害児への対応をしていかなくてはならない。療育をしなくてはいけない。早期療育が大事。早く療育を受けたかった。
あと、躾の問題ではないんだ、と思いたかったのかもしれません。
それから、この頃は保育園(2歳児までの小規模保育園)に通っていましたが、
3歳児(年少)からは幼稚園へ行くことになり、幼稚園探しをする上で「発達障害と診断されています」と言えば相談がしやすいと思ったのです。
娘のような子が通える幼稚園なのか、障害に理解がある園なのか、判断しやすいと思ったからです。
入園してから、先生の手をわずらわせ、退園、なんてことには絶対させたくなかったのです。
だから入園願書をもらう前に、はっきりさせておきたかった。


診断されたのが9月頃だったので、願書配布がすぐに迫っている頃でした。(記憶が曖昧ですが。)

まずやることは、幼稚園の見学のお願いと、プレに通ってなくても願書がもらえるか聞くことと、、
その前に通える範囲の幼稚園に片っ端から電話をかけ、『発達障害児の受け入れが可能なのか』ということを聞く作業をしなくてはなりませんでした。
電話の反応は様々でした。
(公立幼稚園が近くにないので、私立幼稚園のみで探しました。)

・「うちは職員の数が多くないので座ってられない子はちょっと対応できないかなと思います」
・「一度面接させていただいて、入園できるか判断しましょう」
・「加配をつけることができないんですがそれでもよろしければ」
・「一度お子さんを連れて見学にいらしてください」
・「面接はどなたでも受けられますので、まずは面接を」

と、遠回しに断られたり、とにかく「面接で判断」というところが多かったです。

そして今娘が通っている幼稚園の反応はこれでした。

「うちはそういうこと(障害)が理由で入園を断るということはありませんよ。加配が必要な子にはフリーの先生についてもらったり、こういう子にはこういう対応をしていて、、、」
と、詳しく説明してくれました。発達障害についてもとても詳しく、療育センターに週1、月1で通ってる子もいて、必要な子には巡回指導に来てもらっていると。

娘の行き場所がどこにもないんじゃないかと途方に暮れかけていたので、涙が出るくらい嬉しかったです。
その後夫婦で見学に行きましたが、この幼稚園いいな、と思ったのは、すれ違う先生みんなが私達に自分から挨拶してくれること。これってなかなか、出来ていない園もありますよね。職員室で話をしている時も、入って来た先生みんな笑顔で挨拶してくれました。

園長先生と少しお話をして、そのまま願書をもらい帰りました。
後日面談をし、無事入園が決まった時は本当にホッとしました。

理解のある幼稚園の先生方のおかげで今の娘はのびのびと楽しく幼稚園へ通えています。
娘の障害のことは、先生達以外にはカミングアウトしていませんが、年少の頃は特に、何かあるたび泣いていたり落ち着きのない娘を見て「あの子何かあるんだろうな」と思う人はいたと思います。
それでも泣いてる娘の頭を撫でてくれるお母さんがいたり。
「まだ年少さんだもん、気持ちの切り替え難しいよね〜!」と優しく声をかけてくれたり。
今でも「すごい成長したよね〜お姉さんになったねー!」と言ってくれるお母さんがいたり。
周りの人達に恵まれ、本当にこの幼稚園にしてよかった、と感謝しています。


発達障害のある子が通いやすい園」がたまたま近くに見つかったから良かったですが、もしなかったら、自分から理解してもらうためにたくさん行動していかなきゃいけなかったのかなと思うと、障害のある子を育てるお母さんは本当に大変だなと思います。
「近いから」「バスや給食があるから」「預かり保育があるから」「園の教育方針」「習い事ができる」「リトミックがある」「近所のお友達が通ってるから」「プレがあるから」
など、定型発達児のお母さんが考える幼稚園選びの基準は二の次で、まず「障害があっても入園できるのか」というところをクリアしないと先へ進めない。
幼稚園探しをしていた時は特に精神的に辛かったです。
同じような思いをしているお母さんはたくさんいるんだろうなと思います。

5歳(漫画が好き)

夏休み、水族館へ行ったり、プールへ行ったり。
満喫していますが、やはりこの暑さで家にいる時間が長いので、退屈そうです。

私が家事で相手できないときは、ゲームやタブレットで好きな動画を見たりを許してしまうのですが、やるまえに時間を決めれば(1時間、ご飯が出来るまで、等)しっかり守れるのでやらせています。

アニメ好きの娘はテレビももちろん観ます。

目が疲れて来ると自分でテレビを消し、今度は本を読んだりするのですが、最近は漫画を読むことが多いです。

本屋さんに行っても、子ども向けの本のコーナーと、漫画のコーナーへ行くようになりました。
小学生の女の子向けのクイズや心理テストの本も好きなようで、本屋さんでよく手にとって見ています。
文字、記号に強いという特性のおかげで字がスラスラ読めることが本人の趣味(今は漫画)に繋がっているのは良いことだと思います。またテレビを観たり本を読む時に文字からいろいろな情報が入ってきやすいので、知識もどんどん増えていくのがわかります。

今は何か読むといえば漫画ばかりなので、親としては児童書、図鑑あたりを読んでもらいたいですが、本棚にはあってもなかなか選ばれません。笑
なので寝る前は、絵本や児童書を読み聞かせています。
読んであげると嬉しそうにしているので、寝る前のコミュニケーションとしてその時間は大事にしています。本人が「いいよ、自分で読むから。」なんて言う日が来るまでは、続けたいと思います。

5歳(初めての迷子)

初めて迷子になりました。
ほんの数分ですが、ショッピングモールの中で。

娘がいなくなりかけてもだいたい目を離さないし常に危機感を持っていたので、多動が原因で迷子になったことは今まで一度もありませんでした。
今までちょっと見失っても近くを探せばいたので、少し成長してきた娘を過信していたかもしれません。

今日はいなくなってすぐ店員さんに「すいません、迷子なんですけど、、!」と聞くと、名前や年齢、服装を聞かれ、店内放送をお願いするためサービスカウンターへ電話をかけてもらうと既にサービスカウンターで預かっていますとのこと。。
急いでサービスカウンターへ行き、大泣きしながらティッシュで鼻をかむ娘とご対面。

まさかの1人で違う階まで行ってました。。

本当に怖かったです。
子供の迷子がこんなに怖いことだったなんて。
誰かに連れ去られた?外に出て事故に遭った、、?エスカレーターから転落してたら、、とか
いろんなことが頭をよぎりました。
心臓が凍りつくような気持ちでした。

しかも娘は1人でエスカレーターを降りたようで。
転ばなくてよかった。
店員さんに泣いているところを助けてもらったようです。
名前や年齢はきちんと言えたそうです。

娘自身も、「迷子が怖いこと」と初めて知ったと思います。
今まで生まれてから1度も迷子どころか迷子もどきすらないor本人がはぐれたことに気付いていなかったので。

よく言えば行動力がある。マイペース。
悪く言えば多動、危機感がない。=これが特性。
1人でどこかへ行ってしまうのも、目的のものがあるとそれ以外見えなくなってしまい周りの状況がわからなくなってしまうという特性によるもの。
約束を守る守らないということではなく、今回はそんな娘だとわかっていて目を離してしまった私が悪いです。
もう5歳ではなく、まだまだ5歳。

いろんな事件、事故のニュースを見ますが、親御さんが「少し目を離しているうちに、、」というのを聞いてもピンときませんでした。
普通目を離さないでしょう、と思っていましたから、、

私も今日の出来事で「娘から絶対に目を離さない」と心に誓いました。

また「出かける前のお約束」は最近していませんでしたが、「ママが見えないところに行かない」をまた確認してから行くようにと思います。

それから、そろそろキッズケータイを持たせようかと検討中だったのですが、やはり持たせようということで気持ちが固まりました。
はぐれた時に電話が出来たら、、お出かけの安心度が全然違います。お守りがわりとして。

小学生になってからは持たせるつもりでしたが、少し早めに持たせて使いこなせるようにしておいても良いかな、、と。

夏休みのお出かけ、人混み、慣れない場所、一瞬の気の緩みが大変なことになりますので、気をつけたいと思います。


おうちで「ごめんね、1人にして、ママが悪かったね。」と言ったら「こっちこそごめんなさい。泣」と泣いていました。

娘はありがとうや、ごめんなさいがちゃんと言えます。
咳やくしゃみをしてると「大丈夫?」と言ってティッシュを持ってきてくれる優しい娘です。
熱が出たら氷枕を持ってきてくれたり、お茶を飲ませようとしてくれたり、ちょっとの怪我を心配してくれたり。
台風の日はパパの帰りを心配したり。
昔は私が高熱で寝込んでいても「起きてよ!怒」と叩き起こされていました。笑

心から優しい娘を、誇りに思っています。

最後は親バカな自慢話になってしまいました。

5歳(夏休み)

夏休みに入りました。

夏休み前には、お泊まり保育がありました。
いろいろ心配事も多かったですが、こちらがびっくりするぐらい楽しみにしていて、当日もびっくりするぐらい何事もなく楽しめたようです。泣くことも一度もなかったそうです。
良い思い出になったようで、良かったです。
親元を離れてお泊まりするのは入院で慣れていましたが、(入院は付き添い不可で、夜離れるとき毎日大泣きでした)
これほどまでに楽しめたのも、今は幼稚園が楽しいと思えているからだと思います。

年長さんのクラスは1クラス40人弱。
小学校も同じくらいだそうで、今の時点では声かけなしに集団について行けているのですが、
小学校ではどんどんやることや求められることが増えていき、1限45分×5、をこなせるのか、、
一年生は普通級でいくと決めたので今の時点で就学に関して何も動いていませんが、
今こんなに平和でハッピーな幼稚園生活でも先を考えるととても不安です。
先のことを考えすぎて不安になる、起きてもいないことで心配して悩むのは、私の悪い癖だと思います。
けど発達障害児の親は特に先のことを考えなきゃいけなくて、今なら「明日は暑そうだけどどこ行こうかな」くらいの悩みで済めば良いのですが、
就学、学校生活、友達関係、勉強、中高、その先の進路、自立、、まで全部考えてそこから逆算して行動していかなくちゃいけなくて、悩みたくないけど、子どものために先々を考え悩まないといけない、毎日頭の隅っこには「発達障害」「これから先のこと」の悩みがこびりついていて、忘れているようで忘れていない。そんな感じです。


とりあえず今は楽しい夏休みをおもいっきり満喫する!という方向へ考えをシフトしていきたいと思います。

今日は娘と2人で外食してきました。
外食もかなり神経を使いますが、最近ようやく少しは安心して食べられるかな、という感じになってきました。
コップの持ち方が不安定で今にも倒れそう(こぼしそう)だったり、服を汚したり、メニューを無駄に開いてみたり、自分が先に食べ終わったら退屈で早く帰りたがったり。
まぁ子どもはみんなそんなもんでしょうが、娘は特に多動傾向があるので動きが落ち着きない感じで、椅子に座ってても後ろを向いたり横を向いたり、見ていてこっちも落ち着きません。
それでも普通の親子のように「美味しいね!」とか言いながら一緒に外食できてる感じが新鮮で、ここまでたどり着くまでが長過ぎて、一緒にレストランで食事できているだけでとても幸せを感じました。
娘もとても喜んでいたので、また機会とお金が許す限り 笑、外食へ連れて行ってあげようと思います。

5歳(人の話に割り込む)

これはなんとなく会話が成立し始めた頃からありますが、
3歳頃は、私と旦那が会話するだけで怒って泣き、癇癪を起こしていたので、娘の前で旦那とまともに会話が出来ませんでした。
その頃よりはましになったな、と思いますが、やはり私と旦那が話してる途中で思いっきり「ねーねー!◯◯がさぁ!」と話しかけてきたりします。
娘は自分が何かを話そうとするとき、自分が話したいことやこれから話そうとすることで頭がいっぱいで、今目の前の状況や、ママとパパが話をしているということに気付いていない、だから割り込んでしまう、という感じです。
そういうときは「今話してるから待ってて」と言えばだいたい待ってくれるようにはなりましたが、
会話に夢中で聞こえてないふりをして無視していると「ねーねー!」「ママ!」「ねぇってば!」としつこく大きな声で話しかけてきます。
『返事がない=あ、今2人が話してるからか』と気づけずに、『返事がない=聞こえてないから』と思い、さらに大きい声にすれば返事してもらえると思ってるような感じがします。
こういうのが「空気の読めなさ」なんだと思います。
相手が今何をしているか気付けない。
目の前で何が起こっているのか気付けない。

こういうのはどう対応していったら良いのか、、悩みます。
その都度「今話してるよ」と言うしかないのか、、とりあえずまた色々調べて実行してみたいと思います。
今はお友達関係の悩みはないけど、そのうち「空気の読めなさ」がトラブルの元になりかねないので、今のうちになんとかしたい。
と思いつつ他の特性や問題行動をどうにかすることを優先していたので後回しになっていました。この「人の話に割り込む」についてこれから対応策を考えていきたいと思います。焦らずに、、ひとつひとつ。

5歳(幼稚園発表会)

先日、幼稚園で音楽発表会がありました。

歌を歌ったり、
楽器を使って演奏したり。

舞台に立ち、お辞儀をし、最初から最後までしっかりこなしていました。

年少さんの頃から、音楽発表会で目立つ行動は特になく、何度もリハーサルをしたり同じ場所で練習をしたりしていたからかもしれませんが、どちらかというと優等生に見えるくらいです。

年少、年中組の時の運動会や劇もまぁまぁ大丈夫でした。(細かいことを言えば色々ありますが。)

2歳の保育園の時はホールを走り回ったりすることもありましたが、

幼稚園ではいつも行事はハラハラドキドキしながら見ているのですが、今回の発表会はさすが年長さん、慣れているな、という感じでした。
他にも多動の子や自閉傾向の子もいるのですが、今回はみんな問題なく最後までやり通すことができていました。
みんなそれぞれペースは違うけどしっかり成長しているんだな、と感じられた発表会でした。


もうすぐ夏休み前のお泊まり保育。子供にとって楽しい思い出になると良いなと思います。