読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとり娘の成長記録

発達障害児の子育ていろいろ

1歳(コミュニケーションについて)

0歳の頃から、あやすとよく笑う。こっちもつられて笑っちゃうくらい大笑いすることもある。

言葉も少しずつ増えていき(単語)、

コミュニケーションに特別問題を感じることもなく過ごしていました。

 

ただ、一歳半を過ぎて、言葉が増えるわりに、食事中「おいしい?」と聞いても無反応。

何か食べたい時は「(り)んご!」とか、

自分からは話しかけて来るのですが、こちらから話しかけても無反応ということが多かったです。

 

また言葉が出ているとはいえ、私にしかわからないような、単語の最後の文字だけいう、りんごを「んご!」とかだったり

オムツを「おっちゅ」とか

バナナを「んーま!」とか、

単語としてカウントして良いのかわからないくらいの曖昧な言葉でした。

二語文が出るようになったのは1歳10ヶ月ごろでしたが、発音がはっきりしないので、これも私やパパにしかわからないレベルの言葉でした。

 

食事中の話に戻りますが、

「おいしい?」と聞いても無反応。

「これはニンジンだよー」と言っても無反応。ただひたすら食べ続ける。

ずっと無言のときもあれば、お茶を飲む時に「ちゃ!」とか言ったりするときもあったりして、

けど私に対してアピールするように言うのではなく、自分でただ言葉を発しているだけのような感じでした。

食べている最中、こちらを見向きもしない。(これは後から思い返して気付きました。)

話しかけても基本的にこちらを見ないので、毎回顔をのぞきこむように話かけていました。

この頃からコミュニケーションの問題はあったのですが、(目が合いづらい、会話が一方的、など)

あやすと笑ったり、「ちょうだい」というと手におもちゃを乗せてくれたりはできていたので、

1歳児のコミュニケーションはこんなもんだと思っていました。

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村