読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとり娘の成長記録

発達障害児の子育ていろいろ

1歳〜2歳(落ち着きのなさ)

どこへ行っても走り回るのが大好きな娘でしたが、

 

一歳で落ち着いている方がおかしい

 

くらいに思っていたので、

元気に走り回る娘を見ては

ほんとに走るのが速いな、子どもはじっとしてなくて大変だわ、なんて思っていました。

 

ベビーカーに乗ったり、チャイルドシートに乗っているときは割とおとなしく乗っていることが多かったので、

(ぐずった時はおもちゃやお菓子で間を持たせていました)

落ち着きがないなということは頭の片隅にありながらも、そこまで深く考えてはいませんでした。

 

ただ、1歳8ヶ月、1歳10ヶ月、、2歳に近づくにつれ、やっぱりこの落ち着きのなさは普通じゃない気がする、周りの子達を見ててもうちが一番落ち着きがない気がする、

と思い、夜な夜なスマホで『2歳 落ち着きがない』とか調べたりするようになりました。

この頃から「ADHD」や「発達障害」と言う言葉を少しずつ目にするようになりました。

そこで、自閉症の特徴に「目が合わない、合いづらい」というのがあるのも知りましたが、全く合わないということはなく、私へ何かを訴えて来る時には目が合っていたので、問題ないと思っていました。

 

2歳を過ぎたある日、同時期に出産したお友達親子と3組で集まることになりました。

 

その時に初めて娘の「落ち着きのなさ」「目の合いづらさ」がやはり普通ではないんだと思い知らされることになりました。

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村