読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとり娘の成長記録

発達障害児の子育ていろいろ

2歳(療育センターへ相談)

初めて療育センターへ相談の電話を入れたのはいつだったか、、2歳過ぎだったかと思います。

電話で誰と話したかも忘れてしまったのですが、一歳半検診で引っかかっていなかったことなどから、まずは区役所の保健師さんと相談、家に訪問してもらって様子を見てもらい話をして、それから療育センターを受診するかどうか決めましょう、ということでした。

まず保健師さんに自宅へ来てもらうのが約1ヶ月後、その後療育センター受診となるとさらに3ヶ月、、いや、もっと後だったかもしれません。1日でも早く診てもらいたいのに、、今一番成長する時期なのに。早期療育、、焦る。。これだけ待つということは、同じような思いをしてる方がたくさんいるんだろうな、と思いました。

しかしちょうどこの時期に引っ越しすることになり、地区が変わり担当の方も変わり、、などしているうちに結局自宅へ訪問の予定が伸び、電話での相談から療育センター受診の予約を取ることができました。が、やはり数ヶ月後。

キャンセルが出たら予約日よりも早く診てもらえるということでしたが、運良くキャンセルの電話が来て、予約日よりも少し早く診てもらえたような記憶があります。それでもだいぶ待ちました。もっと早く電話すれば良かったな、何ともなかったらキャンセルすれば良かったんだし。。と後悔もありましたが、とりあえずみてもらえるということになり一歩進めた気がしてすごくホッとしました。

療育センターでは、まずソーシャルワーカーの方と今までの成長や発達障害を疑う点についてなど質問に答えつつ話しつつ、相談し、療育センターの説明などを聞き、この日はそれで終わり。

次回心理士さんによるIQテスト(田中ビネー)、その後医師の診察ということでまた2ヶ月ほど先の予約を取りました。