読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとり娘の成長記録

発達障害児の子育ていろいろ

5歳(現在)

今日は過去を振り返るのを少しお休みして、現在の話。


久しぶりに車で大きい公園へ行きました。

2〜3歳の頃は、あんなに大変で私にとっては苦痛だった公園遊び。

最近ようやく楽しめるようになりました。



一人でどこかへ行ったりしない。安心して見ていられる。

順番を守れる。

小さい子に優しくできる。

知らない人にいきなり話しかけない。

人のものを触ったりしない。

次なにするー?次あっち行こー!と一緒に遊ぶことを楽しめるようになった。

自転車の練習、ボール遊び、シャボン玉。鬼ごっこ。かくれんぼ。

いろんな遊びを1つ1つ、一緒に楽しめる。


 公園遊びって、こんなに楽しかったんだ。

パパと娘と3人で、一緒に笑いながら遊ぶ時間、本当に楽しかったです。


2歳の頃は、こんな風に純粋に公園遊びを楽しめる時が来るなんて、想像もつかなかった。

あの頃の自分に今の光景を見せられたら、もっと気持ちは軽くなっていたのかなと思います。

そのくらい、成長しています。


まだまだ問題はたくさんありますが、確実に成長しています。


最近は聞き分けも良くなってきて、それなりに反抗もしますが、話せば理解できるようになってきたので、叱ることも減りました。

とはいえ危険なことを危険だとわかっていてやったり、悪いとわかっているのに悪いことをした時にはもちろん叱ります。(今のところ娘に手をあげたことはありません。だいたい本気で叱るとすぐ泣くのでそこまでに至らずに済んでいるのかもしれません。)

発達障害児には叱らない子育てが良いのかもしれませんが、頭ではわかっていてもそんなにうまくはいかないものです。強く叱ったり、出来ないところばかり見てしまったり、なんとか良くしようという思いが強過ぎてイライラしたり。自己肯定感を高めるように育てなくてはならない、否定的になってはいけない、、頭ではわかってはいるけれど。常に自分の感情との戦いです。