ひとり娘の成長記録

発達障害児の子育ていろいろ

2歳(声の適当な大きさがわからない)

この頃の特徴で、声の大きさ、適当な(その場に適した)声量がわからない、というのもありました。

 

窓の外にいる人や、遠くにいる人に話しかけるとき、

普通は大きい声で話しかけると思います。近くなら小さめ、遠くなら大声で「ママー!」と呼ぶ。

これは定型発達の子なら教えなくても自然に出来るそうですが、うちの子はできませんでした。

遠くにいるパパに、小さな声で「パパー」と言う。

「大きい声じゃないと聞こえないよ。」というとさっきよりも大きい声を出して呼びますが、それでもまだ聞こえないレベルの声量。「もっと大きく言って」って少しずつ大きくしていき、ようやく相手に聞こえる声量にたどり着く。

 

『相手の立場にたって物事を考える』というのが苦手な子にとって、相手が小さな声だと聞こえないという当たり前の事もわからないんだなぁ、と思いました。

普通は教えなくても勝手に、無意識に、自然にできるようになることも、ひとつひとつ教えなくてはいけない。たいへんだなーこりゃぁ、、と思ったのを覚えています。

 

発達障害の本でよく見かける、音量を5〜6段階に書いた表を壁に貼っていました。

0、、アリ(しゃべらない)

1、、ねずみ(コショコショ話)

2、、ねこ(小さな声)

3、、女の子(いつも話してる大きさ)

4、、ライオン(大きめ)

5、、怪獣(うるさい)

 

こんな感じで右上がりの棒グラフをいろんな動物で例えてあるもの。

病院ではこのくらい、図書館ではこのくらい。と、教えていました。

「もう少し小さく」「ちょっと大きく」など曖昧な指示が分かりづらいようなので、

「今は3の声だよ」「4の声だとうるさいから2にしてね」とか、結構使えました。

4歳前には表も必要なくなりました。今では時々、「ママ、図書館だから1の声だよ」と娘に注意されたりします。

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 子育てブログ 高IQ・発達障がいグレーゾーン育児へ
にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村