読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとり娘の成長記録

発達障害児の子育ていろいろ

娘が好きなこと

2歳頃、言葉やコミュニケーションはまだまだだった時から、歌は上手に歌っていました。

当時はテレビのアニメなどの台詞のエコラリアもあって、それと同様歌もコピーしていたような感じでした。

音程も割としっかりしていました。

2歳半頃からカラオケにちょこちょこ行っていますが、アンパンマンからプリキュアアイカツ、、今ではJポップを歌うようになりました。

youtubeを見ながらカラオケごっこも好きです。

お家では、気分が良かったり、リラックスしていたり、眠いときに、自作の歌を大きな声で歌っていたりします。(外ではやりません。)

歌うことはとても好きなようなので、カラオケには時々連れて行っています。(月1回くらい。)

2歳くらいの頃は、個室なので落ち着きがない娘を安心して連れて行けるのも良かったです。ドリンクバーもあって、子供向けの歌もたくさんあり、「おかあさんといっしょ」の曲や童謡を歌ったり。音量も小さめにしていましたが、1時間くらいで疲れるようなので終わりにしていました。

また、当時は順番を守るというのが苦手だったので、歌う順番を決めて、ママ→パパ→娘 とか決めて順番を守る練習をしながら歌っていました。今でもほとんど順番に歌っています。(たまに娘に多く歌ってもらいます)2時間飽きることなく楽しめるようになりました。

ママとパパも楽しめるし、いいストレス発散になっています。今は特に採点機能が楽しいようです。初めて娘が採点機能を使うときは高得点にこだわりそうだったので、事前に「子どもは70点いけばすごいんだよ」と適当に行きそうな点数を言っておき、本人も、70点以上の点数がでると喜んでいました。

カラオケの点数など数字が出るものは好きなようです。

簡単な足し算や引き算も4歳頃から出来ていました。

国旗などを覚えるのも得意で、やはり記号や数字が好きなタイプなんだな、と思います。

そういえば4歳の頃動物園に行ったとき、動物にはあまり興味を示さず、動物の檻の前の看板ばかり見ていました。説明文を読んだり、持っていたノートに動物の名前を書き写したり、かなり変わった楽しみ方をしていました。親としては動物を見て欲しかったですが、、残念ながら興味はなかったようです。ただ、ふれあい広場などの小さな動物を触ったり、ポニーに乗ったり、餌をあげたりするのは好きで、馬に乗れるところに行くと必ず乗りたがります。

遊園地の乗り物も好きで、子供向けのジェットコースターなんかも楽しんでいます。

カードゲームも好きです。リズム系のゲームは得意で、太鼓の達人も好き。運転をするゲームも好きですが、得意ではないようです。ゲームに関しては、負けたり、順位が低かったり、失敗すると泣くことが多かったです。(完全癖・一番病)最近は減りましたが、まだ時々あります。

観るテレビ番組も、アニメよりもバラエティ、お笑い番組を観ることが増えました。内容もよく理解しています。クイズ番組も好きです。たまにクイズに外れたり応援してた人が負けると泣きます。

娘が自分の好きなことをたくさん見つけられるよう、いろんなところに連れて行ってあげたいです。ちょっと前までは落ち着きのなさや待つことが苦手ということもあり、なかなかお出かけもスムーズではなかったため、今になってようやく少しずつ行けるところが増えてきた感じです。