読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとり娘の成長記録

発達障害児の子育ていろいろ

2歳(保育園一時保育〜入園)

一時保育では土曜日の午前中〜昼食後まで預かってもらい、土曜日ということもあり子どもも7人ほどしかいなかったのですが、少人数から慣らすことができたのはとても良かったです。

いつもお迎えまでソワソワしてパパと2人で家で待っていました。

泣いていないかな、走り回ってないかな、散歩中道路に飛び出してないかな、公園から逃げ出してないかな、、心配で2人とも口数が少なかったです。私は無職だし旦那も仕事は休み。本来なら家族3人で楽しいお出掛けをしたりおうちでゆっくり過ごせるはずなのに。集団生活で成長してほしいと預けることが、本当に娘のためなのか。良いのかな、間違ってるのかな、、

いろんなことを考えていつも苦しかったです。

お迎えに行った時は、土曜日でも必ず担当の先生以外にも園長先生か主任の先生が今日はこんな様子でした、と話してくれて、相談にも乗ってくださいました。

時々平日に「欠席の子が出て1人空いたので今日いかがですか?」と朝7時半頃電話をいただいたこともあります。

それから2ヶ月ほど一時保育を週1〜2日利用し、トントン拍子に空きが出て入園できることになったのが、娘が2歳7ヶ月のことでした。

当時は、認可保育所でも小規模(0〜2歳児まで)のところは役所を通してではなく園に単願で申し込み、空きがあれば園の方で入園を決められたのです。

ちょうどその保育園から、6歳児までいる大きい認可保育園へ転園することになった子がいて、1人空きが出たので入園できますがいかがですか?と連絡をいただきました。

3日後から入れます、書類を今日取りに来れますか?と。そのくらい急だったと思います。突然の話に、びっくりしたのと、毎日、平日に通わせられるんだ!ということ、一時保育を何度か利用してから少し成長を感じた部分もあり、もっともっと成長するかもしれないという期待と、正式に入園となると仕事も探さなくては、、とにかくこんなラッキーなことはない、嬉しい!やったー!そんな気分でした。