ひとり娘の成長記録

発達障害児の子育ていろいろ

5歳(感覚過敏)

今朝雨の中傘を差して登園した時、長靴ではなくスニーカーだったので、靴が濡れ、靴下も濡れてしまったようで、バス停に着いてから「靴下濡れちゃったーー」と若干パニックになりかけるような、でも泣くのをこらえるような感じになっていました。
たぶん感覚的に気持ちが悪いようで、年中さんの頃にも、幼稚園で靴下が濡れた時泣いてしまった、という話を先生に聞きました。
靴が汚れるとか、靴下が湿ってるのがどうも苦手なようです。
感覚的に苦手なものはどうしようもないし泣くほど嫌みたいなのでかわいそうなのですが、
とりあえず「幼稚園の着替えバッグの中に靴下あるから履きかえれば大丈夫だよ。けど、今日は1日雨だから、その靴下も濡れちゃったらもう替えの靴下はないよ。(←事前予告しておかないともしそうなった時履き替える靴下がなくてパニックになる)雨の日はみんな靴下濡れてるよー。ほらママも。気持ち悪いよねーやだやだ!」というと、「え?ママも?どこ?」と私の靴を触って、「あ、ほんとだ」と少し笑顔になりました。
「雨の日はみんな靴下濡れるからねーしょうがないよ。」と言ったら「わかった!わかったよ!」とあまりしつこく言うなという感じで答えていました。その後は普通にご機嫌に戻りました。
バスに乗る前だったし本人も泣き顔を見せたくないという感じだったのでとりあえずその場を鎮めるための対応をしてしまいましたが、
感覚的に私が気持ち悪いと感じるレベルと娘が気持ち悪いと感じるレベルはもしかしたらものすごい差があるのかもしれません。そういうことを我慢させるのも可哀想なので、『雨の日は靴下の予備を持って行く』ことにしようと思います。
これが小学生くらいになったら「今日は雨だから替えの靴下を持って行こう」とか、「今日は替えの靴下がないから我慢するしかないな」とか、娘自身で気付けるようになってくれたら良いなと思います。こういうのは経験を積めば覚えられることなので、これからもその都度教えて行こうと思います。
これがもし定型発達児だったら「靴下なんてそのうち乾くんだから!そのくらいで泣くんじゃないよ!」とか言えるんでしょうか。(私はこういうサッパリしたお母さん好きです。笑)

発達障害があると靴下一つにしてもここまで色々と考えてしまいます。
娘自身も、日々の生活の中で気になってしまうことが多過ぎるんだろうな。
「そんなことくらい」とは絶対に言わないように、娘の「苦手な部分」を「きっとめちゃくちゃ嫌なんだろうな」と思って対応するように気を付けています。
感覚過敏だと思っていたことが大したことなかったりして拍子抜けすることもありますが、それならそれで良かったーとなるだけです。

娘は聴覚過敏も若干あるようです。聴覚過敏についてはまた別で書きたいと思います。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村