ひとり娘の成長記録

発達障害児の子育ていろいろ

5歳(予防接種)

先日、予防接種を受けてきました。

久しぶりの予防接種。
娘は注射が大嫌いです。
好きな人はいないと思いますが、3歳〜4歳の頃は何人かで泣き暴れる娘を押さえてようやく、と言った感じ。
5歳頃からは、直前までは嫌だーと言ったり『がんばる!』と言ったりしながらもやっぱり注射をするときになると「無理!無理!」とパニックで泣き、終わってからも号泣、といった感じでした。
そして今回はじめて!泣かずに注射できました。
「泣いてもいいんだよ〜痛いのは仕方ないよ」とは言っていますが、やっぱり本人的には泣きたくないらしく、
終わった瞬間、「え?終わった?泣かないでできた!わー!」と大喜び!先生も褒めてくれて、興奮気味で診療室を出ていきました。
「ちょっと痛かったけどねーすぐ終わったよ!」と帰り道も興奮気味に話していました。
すごく嬉しそうな娘が可愛かったです。笑

すごく嬉しい一日だったな、、で終われば良かったのですが、帰ってからしばらくして、片付けをしないことにイライラ。怒りました。叱ると言うより「怒る」です。最近は怒っても(叱っても)、「わかったよ!もう!」と逆ギレすることも。それでもきちんと片付けはします。
娘曰く、「片付けなさい」と言われてもどうやって片付ければ良いかわからないそうです。
これは私の言い方が悪かった。
伝わらない言い方をする→やらないと怒る、、良くない例です。反省。
そのあと、「一つどれでもいいから手に持ってごらん。一つずつ、どこに片付けるか考えたらわかるよ」と言いました。娘はだいたいこれで1人で片付けられます。
本が5冊、おもちゃが3つ、ペン、おりがみ、付録の紙、おやつのゴミ、、
目の前にたくさんのものがあると、どれから片付けたら良いのか、どうしたら良いかわからなくなってしまうようです。
私なら、本を5冊まとめて手に持って、本棚へ、、と考えますが、『本なら本でまとめる』というのもごちゃごちゃしたもの達を前にすると難しいようで(ADHD傾向だから?)、
『1つ、どれでも良いから手にとって、それから手に持ったものをどこに片付けるか考えて、片付ける』とするのがいちばんやりやすいようです。
本も一冊ずつで良いから、本棚まで5往復しても良いから、ゆっくりで良いから、自分で片付ける。
という感じでうちはやっています。

褒めたり喜んだり笑ったり叱ったり怒ったり。
笑顔だけで終われる日はなかなかありません。

けど寝る前はやっぱり「今日注射すごかったでしょー(ニヤニヤ)」と言いながら、嬉しそうにしていました。笑顔で1日を締めくくることができて良かった。

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村