ひとり娘の成長記録

発達障害児の子育ていろいろ

聴覚過敏

娘は聴覚過敏(と思われる)があります。

大きい音、声が苦手。耳をふさぐことがある。
どんな些細な音でも気になり、何の音か知りたがる。(わからないと不安、説明すると安心する)
家にいても、外で何か音がすると「何の音?」と不安がります。
外を歩いていても、鳥の鳴き声や車の音、よその家の生活音、声などすべての音が気になるようです。
ガヤガヤしたところでは、いろんな音が一気に入ってくるせいか集中力が切れ、以前はよくコミュニケーションが取りづらくなったり、多動になったりしていました。
聴覚過敏に気付いたのは3歳頃なのですが、たぶんもっと前から、生まれつきあったんだと思います。
1歳前後から激しい人見知り、場所見知りがあったのですが、場所見知り=知らない音が怖くて泣いていたこともあったんじゃないかと今になって思います。
家ではタイマーや、おもちゃの音も怖がり、泣いていました。
どんなに聞きなれた音でも、「いきなり音が鳴る」ことにとても恐怖を感じていたようです。それはたぶん音がなる仕組みを理解できていなかったからかなと思います。
なぜこう思ったかというと、自分が押したら反応して音がなる楽器などは小さい頃もほとんど大丈夫だったからです。
自分が何もしていないのに、いきなり音が鳴るタイマーやおもちゃは特に苦手だったようです。
前と比べると今は大丈夫なものが増えましたが、それでもまだ「いきなり聞こえてくる知らない音」には恐怖心があるようです。
(炊飯器の音は毎日のことで音も大きくないせいか早めに慣れました。)
逆に何かに集中したり自分の世界に入ってしまうと、周りの声が全く聞こえないような状態になることもあります。

音が原因で生活に支障が出るレベルではないので、イヤーマフは今のところ必要ないです。

発達障害の子は、周りの色んな音が一度に全部同じ音量で入ってきてしまい、今自分に必要な音(声)だけ拾う事が難しい子もいる、と聞きました。
娘も小学校に上がったら、教室で授業中、外で体育をしている子達の声が聞こえてきて、先生の声を集中して聞けない、とかそういうことがあるかもしれません。
入学前に一度、学校へ娘の特性と配慮のお願いを話しに行くつもりです。

 

 

 

 

ブログランキングです。 ↓

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村