ひとり娘の成長記録

発達障害児の子育ていろいろ

2歳頃の癇癪・こだわり→現在

2歳といえば、イヤイヤ期真っ盛り。
発達障害児はこだわりや癇癪が酷かったりしますが
2歳頃は定型発達の子でもこだわりがあったり癇癪を起こしたり一日中泣いたり怒ったり大変なイヤイヤ期です。
なので娘の癇癪がイヤイヤ期なのか、発達障害の特性なのかもはやわからなかったです。
「自分でやりたかったー!」とか、貼ろうとしたセロハンテープがちょっと変な風にくっついちゃったりしただけで癇癪。
こんなのが朝から晩まで続いていました。今日泣いてない時間あったっけ?と思うほど。ちょっとしたことで泣き、激しい癇癪を起こしてました。
今は癇癪やこだわりはほとんどありません。

2歳〜3歳頃、お出かけのお供にお絵描きセットを持って行ったのですが、「黄色いペン」を使いたかったのにそのペンが「ちょっとくすんだ黄色」だったため、「これじゃない!」となり、どんなに「ほら、キャップの色はちょっと暗い黄色だけど、紙に書いたら黄色だよ!」と説得してもダメで、(今考えるとかなり無駄な説得。笑)
放置してもなかなか癇癪がおさまらず、かといって黄色いペンもすぐに用意できず、お出かけ中でしたがとにかく娘の癇癪がおさまるのを待つしかなかったことがありました。

今日久しぶりにそのくすんだ黄色のペンと同じ色のペンを娘が使っていたので、
「昔ねあなたがこのペンの色を黄色じゃない!って怒って泣いてた時があったんだよー。覚えてる?」
と聞いてみました。すると

「え?覚えてない。だって黄色じゃん、これ。」

と言われました。。笑

まぁ、過ぎてみればそんなもの。
だけど、当時は必死になって説得してたんです。

このこだわりは発達障害の特性かも!と思い、それならそのこだわりをどうにか和らげようと、必死に話し方を考えたり説明の仕方を考えたり癇癪を極力少なくする方法を調べたり考えたり、、、今考えると本当に必死だったなぁ、と思いました。

ただのイヤイヤ期だったなら、いつか消えるこだわりや癇癪だとわかっていたなら、「そっと見守り癇癪がおさまるのをひたすら待つ、落ち着いたら褒める」というベストな対応がずっと出来ていたかもしれない。。
過去の自分に教えてあげたいです。
『成長とともに落ち着くから、そんなに必死にならなくて大丈夫だよ』と。笑

発達障害、早期療育、たくさんの情報、、いろんなことで頭がいっぱいで、その時は自分に出来る限りのことを必死にやるのみ、娘の将来のために、と頑張ってきたけど、
少し肩の力を抜いても大丈夫だよ、と娘の成長が私にそう思わせてくれます。

小学校、中学校、思春期、反抗期、、
これからもいろんなステージが待っていて、どんどん難しくなっていって、何が起こるか、乗り越えられるか、自信がなくても進まなくちゃいけない、、不安も心配もつきません。

でもやるしかない、必死でもいい、力を抜いてもいい、その時ベストだと思ったことを、やれば良い。無理はしない。無理はさせない。1日1回は一緒に大笑いしよう。

自分への戒め、目標です。