ひとり娘の成長記録

発達障害児の子育ていろいろ

5歳(夏休み)

夏休みに入りました。

夏休み前には、お泊まり保育がありました。
いろいろ心配事も多かったですが、こちらがびっくりするぐらい楽しみにしていて、当日もびっくりするぐらい何事もなく楽しめたようです。泣くことも一度もなかったそうです。
良い思い出になったようで、良かったです。
親元を離れてお泊まりするのは入院で慣れていましたが、(入院は付き添い不可で、夜離れるとき毎日大泣きでした)
これほどまでに楽しめたのも、今は幼稚園が楽しいと思えているからだと思います。

年長さんのクラスは1クラス40人弱。
小学校も同じくらいだそうで、今の時点では声かけなしに集団について行けているのですが、
小学校ではどんどんやることや求められることが増えていき、1限45分×5、をこなせるのか、、
一年生は普通級でいくと決めたので今の時点で就学に関して何も動いていませんが、
今こんなに平和でハッピーな幼稚園生活でも先を考えるととても不安です。
先のことを考えすぎて不安になる、起きてもいないことで心配して悩むのは、私の悪い癖だと思います。
けど発達障害児の親は特に先のことを考えなきゃいけなくて、今なら「明日は暑そうだけどどこ行こうかな」くらいの悩みで済めば良いのですが、
就学、学校生活、友達関係、勉強、中高、その先の進路、自立、、まで全部考えてそこから逆算して行動していかなくちゃいけなくて、悩みたくないけど、子どものために先々を考え悩まないといけない、毎日頭の隅っこには「発達障害」「これから先のこと」の悩みがこびりついていて、忘れているようで忘れていない。そんな感じです。


とりあえず今は楽しい夏休みをおもいっきり満喫する!という方向へ考えをシフトしていきたいと思います。

今日は娘と2人で外食してきました。
外食もかなり神経を使いますが、最近ようやく少しは安心して食べられるかな、という感じになってきました。
コップの持ち方が不安定で今にも倒れそう(こぼしそう)だったり、服を汚したり、メニューを無駄に開いてみたり、自分が先に食べ終わったら退屈で早く帰りたがったり。
まぁ子どもはみんなそんなもんでしょうが、娘は特に多動傾向があるので動きが落ち着きない感じで、椅子に座ってても後ろを向いたり横を向いたり、見ていてこっちも落ち着きません。
それでも普通の親子のように「美味しいね!」とか言いながら一緒に外食できてる感じが新鮮で、ここまでたどり着くまでが長過ぎて、一緒にレストランで食事できているだけでとても幸せを感じました。
娘もとても喜んでいたので、また機会とお金が許す限り 笑、外食へ連れて行ってあげようと思います。