ひとり娘の成長記録

発達障害児の子育ていろいろ

久しぶりのブログ

ケータイを変えてから、しばらく書いていませんでした。

書くほどのネタもなかったのもありますが、、
最近は穏やかに過ごせていたと思います。

幼稚園にも仲良しのお友達がいて、毎日楽しく通えています。

今の不安は小学校のこと。そろそろ就学前健診の時期です。健診の日は特に何か相談したりとかはせず、後日改めて、特性などを伝えに行く予定です。
特別な配慮は今のところ必要ない、、というかどこで躓くか、どうなっていくのかは入学してからでないとわからない状態なので、(先日、幼稚園に巡回指導に来ていただきましたが、集団行動で特に問題なし、入学後個人面談等で相談してみるのが良いと思う、という感じでした。)入学後何かあれば担任の先生や児童支援専任の先生に相談できるようお願いしたいと思います。

思えば2歳前後から発達障害を疑い、3歳前に診断をしてもらい、そこから療育は受け(られ)ず、毎日自分なりに療育を兼ねた育児をしました。
自分のやってることが間違ってるのでは?今のは発達障害児にはマイナスだ、といつも頭の中で反省と後悔を繰り返し、それは妊娠中まで遡り、あの時もっと安静にしてたら、とか、体重を増やしていたら、とか、野菜を食べてたら、とか、ストレスを抱えずにいたら、と、結局自分を責めることからは抜け出せず。今でもそうです。忘れる時間は増えたけど、消えることは一生無いと思います。
それでも娘は集団の中で、お友達や先生の影響のおかげで、びっくりするくらい成長したし、意思疎通もできるようになり、お友達にも恵まれ毎日楽しく過ごせています。何なら口うるさい母親が一番娘にストレスを与えてるのでは?とも思います。
周りの人たちに恵まれ、ここまで育ってくれたことに、ありがとう、と思います。
娘には毎日、「大好きだよ」を伝えています。
「生きてるだけでいいんだよ。ありがとう。」とか、ドラマのセリフみたいなこともたまに言ってます。
あまり言い過ぎると重くなっちゃうので、加減はしています。

それから私も趣味を持ち、娘のことだけに一点集中にならないよう気をつけています。
趣味=育児 にならないように。でもいつでも心の中では娘のことが一番優先。大事に思っています。

ブログを書く理由の一つは、自分の心を整理するため。
書くだけ書いて、過去のものはほとんど読み返してもいないです。
文もまとまりなく話も散らかって読みづらいとは思いますが、
たまーに振り返って懐かしめるくらいには書き残していこうと思っています。